冬はお洒落だけでなく防寒の意味もあって、重ね着が増える時期です。また、服の布地も分厚く、デザイン的にもモコモコした感じのものが多く出回り、太って見えてしまうデザインがふえる時期です。体にピタッとフィットしたセーターなどを選ぶと、夏場よりむしろボディーラインが強調されて、細い人はいいそうはいっても、ちょっとボリュームのある体型だと余計に太って見えてしまうといった悩ましい季節ですよね。それでは、太って見えないようにするにはどの程度の工夫をすればいいですね。昔から言われているように淡い色は太って見え、濃い色は細く見えますから、やはり黒や紺などの濃い色の服装が細く見せるコツと言えますよね。柄で言うと水玉や花柄は膨張して見え、特に柄が大きいほど膨張して見えるので注意してください。また、当然、横縞は横に広がって見えますから、ストライプを着たいなら縦縞を選ぶのが鉄則です。ボディーラインを強調しない服の方が太っていることは隠しやすいですし、薄手の布地の方が細く見えます。ですから、モコモコしたセーターを着るよりは、インナーを充実させて薄手の服を着た方が太って見えないでしょう。ただし、着膨れすると太く見えてしまうので注意が必要です。体型を隠すために大きい服を選ぶと、逆に太く見えてしまうこともありますので、ダブダブならいいというものではありません。体型が出すぎない程度に、太い所が目立たない程度にふんわりした服装で、長めのコートなどを利用して縦長に見せるというのも一つのコツですー